メインクーン 餌

メインクーンに必要な餌のポイントとは?

@たんぱく質が豊富
A食物繊維豊富
B栄養バランス
C穀物不使用
D無添加

 

以上、5つのポイントが非常に大切です。

 

 

知らないと怖い餌選びの注意点

 

メインクーンの餌を購入する際は、主原材料に何が使われているかを必ず確認してください。パッケージには、規定により含有量が多い順に記載されています。
一番見落としてはいけない部分は、「肉類」です。
パッケージの表記には、家禽(カキン)の後に”ミール”、”副産物”、”パウダー”、
”肉骨粉”と記載されていることがあります。

 

家禽とは、食用に育てられている鶏のことで、ミール、副産物、パウダー、肉骨粉は、家禽(食用鶏肉)以外の人間が食べられない病気・薬殺処分などで死亡した家畜の骨、羽、爪、内臓などを溶かしたり、混ぜたりしているもののことを指しています。細かくパウダー状にしたり、溶かすことでわからなくしているのです。

 

人間でも食べられない、そんな危険な食べ物を猫さんが長年食べ続けて、健康でいられるわけがありませんよね。人間に悪いものは、猫さんにとっても同じです。もちろん添加物や保存料、酸化防止剤なども、人間に悪いものですので、無添加であることが望ましいです。

 

また、メインクーンの餌は、「穀物類」の量が多いと肝臓に負担がかかり、大きな病気にかかってしまう可能性が高くなるので、「肉類」よりも「穀物類」が最初に記載されている餌も好ましくありません。

 

上記の事をしっかり考えることによって、最適なメインクーンの餌を選ぶことが出来ます。

メインクーンの餌 おすすめランキングBEST3

モグニャンキャットフード
モグニャンキャットフード

良質な白身魚たっぷりで、高たんぱくだが、低脂肪。
グランベリーに含まれるプロアントシアニジンとキナ酸というポリフェノールで、泌尿器系疾患を予防。
消化の悪いイネ科の穀物は使わず、代わりにサツマイモを使用することで、消化が良くなり、
抗酸化作用・食物繊維が豊富なので栄養価が高い。
白身魚がメインでイネ科の穀物が不使用なので、アレルギー対策としても。
対応種:全猫種、全年齢
主原材料:白身魚63%粗たんぱく質:30%
穀物:不使用
人口添加物:不使用
カロリー(100gあたり):374kcal
賞味期限:開封後:3カ月

価格 容量 評価

3,960円(税抜)
※お得な定期購入割引あり

1.5キロ (ジッパー付き) メインクーン,餌,キャットフード,モグニャンキャットフード,子猫

カナガンキャットフード
カナガンキャットフード2

動物性タンパク質野菜・ハーブなどの厳選した素材をブレンド。
すべて人間が食べられる高品質で新鮮な食材。
穀物不使用。
食物繊維・ミネラル・ビタミン類が豊富で栄養バランスが良い。
消化も良く、嗜好性も抜群。運動量や代謝に合わせて分量を調整。
対応種:全猫種、全年齢
主原材料:骨抜きチキン生肉・乾燥チキン等の動物性原材料70%
粗たんぱく質:37%
穀物:不使用
人口添加物:不使用
カロリー(100gあたり):390kcal
賞味期限:開封後:3カ月

価格 容量 評価

3,960円(税抜)
※お得な定期購入割引あり

1.5キロ メインクーン,餌,キャットフード,モグニャンキャットフード,子猫

 

シンプリー
シンプリー2

惜しげもなくたっぷりと配合した豊富な魚と、1粒1粒を濃厚なフレーバーソースでコーティングした製法。
オリゴ糖や食物繊維など、胃腸の働きを活発にしてくれる成分や、リフレッシュ効果のあるカモミール
などのハーブも配合。
対応種:全猫種、全年齢
主原材料:骨抜き生サーモンをベースに、ニシンやマス、乾燥白身魚などで73%
粗たんぱく質:37%
穀物:不使用
人口添加物:不使用
カロリー(100gあたり):380kcal
賞味期限:開封後:3カ月

価格 容量 評価

3,960円(税抜)
※お得な定期購入割引あり

1.5キロ メインクーン,餌,キャットフード,モグニャンキャットフード,子猫

メインクーンにぴったりな餌選びとは?

メインクーンの特徴は、成長が遅く、成猫まで4・5年ほどかかると言われており、家猫の中で最も大きくなる猫種です。
体型は、骨が太く、筋肉質でがっしりとしています。また、メインクーンは長い毛が特徴なので、泌尿器系のケアも必要です。

 

 

以上のことから、メインクーンの餌は、高たんぱくで泌尿器系のケアができるキャットフードの「モグニャンキャットフード」が1位になります。

 

 

メインクーンの餌で原材料が何かを確認せずに、聞いたことあるとか、安いというだけで、キャットフードを選んでいませんか?
あなたの選んだ餌に含まれている原材料が原因で、病気になってしまったり、寿命を縮めてしまう可能性がおおいにあるのです。
万が一、猫さんが病気になってしまった場合、病院の治療代、手術代等がいくらかかるかご存知ですか?
猫さんの治療代は、保険に加入されていないと、とても高額ですので猫さんの体だけでなく、家計にも大きな負担になってしまいます。。
ですが、猫さんに食べさせるキャットフードを安心・安全な餌にしておけば、猫さんも健康でいられて、結果、あなたは大切な猫さんと長く一緒に居られることになるのです。

 

だからこそ、メインクーンの餌は安心・安全な餌選びに失敗しないように、ペット先進国である、イギリスの高品質な餌をおすすめいたします。

メインクーンの子猫への餌の与え方について

メインクーンの子猫への餌の与え方について考えてみました。

 

メインクーンは長い毛が特徴の猫さんですよね。
我が家の猫さんは、最初はペットショップでもらった餌を与えていたのですが、毛づやが気になり、餌のことを色々調べて、試しにモグニャンキャットフードを与え始めてみました。数日経ったころ、バサバサだった毛並みがツヤツヤになったのを見て、本当に良い餌なんだなと実感しましたよ。
また、メインクーンは体調が1m近くまで成長する猫種ですので、丈夫な骨格をつくるためにも成長期の餌はしっかりとした栄養バランスがとれた餌が必須です。
キャットフードを変えるのは難しいと言いますが、飼う際に渡されたキャットフードと混ぜて与えたところ、見事に前のキャットフードをよけて、残してしまったのには驚きました。
よっぽど美味しかったのか、一瞬でなくなってしまうぐらい喰いつきがいいです。
あまりに喰いつきがいいので、、ぬるま湯で浸したものとドライと3〜4回に分けて与えています。
この与え方は、動物病院の先生にも健康診断で褒められましたのでおすすめです。

 

また、おやつにも危険な成分が含まれているものがありますので、注意が必要です。
我が家のメインクーンは、一日に与える餌の量から、何粒かをおやつ用に分けて食べさせています。
そうすることにより、食べる分量もわかりやすく、後々カロリー計算も楽になります。

 

猫さんの調子や年齢により、ぬるま湯に浸してみたり、ドライで与えてみたりと、食感を変える等、与え方に工夫すれば猫さんも満足いくのではないでしょうか。

 

いかがでしたでしょうか?

 

大切な猫さんの健康な姿を見るために、毎日の食事がいかに重要であるかということが、わかっていただけたのではないでしょうか。
メインクーンは自ら餌を選ぶことが出来ません。メインクーンの健康は、飼い主であるあなたに委ねられています。

 

あなたの大切な猫さんの健康のために、安心・安全なメインクーンの餌を真剣に選んでみませんか?

 

飼い主様のメインクーンの餌選びの参考になれば、幸いです。

 

 

モグニャンキャットフード