猫 気持ち 鳴き声

猫の鳴き声の高さとその状況で気持ちがわかる?!

 

猫の鳴き声の高さは、発生するときの力の加減に左右され、鳴いた時の時間や場所、その鳴いた前後の行動で、より詳しく猫の気持ちを読み取ることができるのです。

 

まれに、人の言葉のように聞こえる鳴き声を発する猫がいます。

 

これは、その鳴き方をしたら、飼い主さんがいいことしてくれたり、喜んでくれたという経験から学習した結果、そのような鳴き方をするようになったと考えられています。

 

 

 

@ふだんより高め:甘えや興奮の気持ち
猫があえて、ちからを入れて高い声を出すのは、甘えたかったり、人の気を引こうとしているときです。また、興奮して気持ちが高ぶっているときも高い声を発することがあります。

 

Aふだんどおりの中音:あいさつや控えめな主張
高すぎず、低すぎず、ふだんの高さであれば、平常心に近い気持ちでしょう。「〜してくれたらいいな」というような控えめな気持ちであったり、人同士のあいさつのや返事をするときに近い気持ちです。

 

Bふだんよりも低め:威嚇などの気持ちや強い主張
猫の低い鳴き声は、強い感情を表現しているときです。このときの猫は、顔つきや動作だけでなく、低めの鳴き声で強く主張しています。特に不満や、やめてほしいことがあるときは、強い感情で伝えようとしてきます。


知っていると自慢できる?猫の鳴き声にまつわるいろいろなこと

 

もともと野生で育った猫は、単独行動をしていたため、居場所をしられないように、一匹で鳴いたり、猫同士で鳴き合ったりすることは、ほとんどしません。

 

ですが、飼い猫となると、人からごはんをもらうために、飼い主さんに自分の気持ちを伝えることが必要になり、自然と鳴き声を発する能力がついたと考えられています。

 

 

 

雑学1:ゴロゴロ音で猫の機嫌がわかる?
ゴロゴロ音は、猫の機嫌によって高さが異なるのです。高い音でゴロゴロ鳴らすときは機嫌がよく、気分もいいよっていうときです。逆に低い音でゴロゴロ鳴らしているときは、機嫌が悪いか体調が悪くて不安になっていることもありますので、異変を感じたら、獣医師に相談しましょう。

 

雑学2:子猫はいろんな鳴き方を試している?
子猫は、どんな鳴き方でアピールすれば効果的なのか、たくさん鳴いて母猫にアピールしています。基本的に雄猫よりも雌猫の鳴き声のほうが、低い鳴き声に感じたりするかもしれません。それは、成猫前に去勢手術をすることにより、雄のホルモンが抑えられて、雌猫よりも少し幼さが残るからと言われています。そのため、雄猫の方が甘えん坊で、子猫のような高い声を出すことが増えています。

 

雑学3:猫によく話しかけると、猫はよく鳴くようになる?
猫は人と暮らしていく中で、効果的な鳴き方を学習しています。特に飼い主さんが喜んだ鳴き方は、よく覚えています。猫にたくさん鳴いてほしいなという場合は、たくさん話しかけていると、よく鳴くようになります。逆に鳴き声を抑えたい場合は、適度に無視をするようにしましょう。

 

雑学4:声を出さずに口を開けているときも鳴いている?
実は、口を開けているのに鳴き声を発しない猫もいます。それは、人が聞こえない周波数で声を発しているからです。もしかしたら何か伝えたいことがあるのかもしれないので、「どうしたの?」と優しく話しかけてあげてくださいね。

 

いかがでしたか?

 

日常の一部となっている猫の鳴き声から、猫の気持ちにあらためて耳を傾けてみてはどうでしょう。